本文へスキップ

岐阜県加茂郡八百津町で、手刻みによる伝統的な木組みと土壁の家をつくっています。大工職人集団 各務工務店のHPです。ただいま試験運用中

TEL. 0574-45-1240

〒505-0422 岐阜県加茂郡八百津町久田見1734

施工例PRODUCTS

新築施工例



片流れベランダ付の家

子供たちがよじ登る丸太柱が特徴の2階建て住宅です。
明るい家族が住む家は家の中も明るいです。
広いベランダがあり、綺麗な星を眺めながらカンパイも良いですね

むくり屋根と土壁の家

木組みと土壁にこだわった平屋の家です。
打合せを重ね、お施主様家族の生活スタイルに合わせた間取りになっています。

シックイ大壁の家

内部、外部ともシックイの大壁とした家です。
木製建具や薪ストーブなどお施主さんのこだわりが形になりました。


御嵩の家

土壁木組みの平屋建てです。
環境にも健康にもやさしい自然素材で造りました。
必要最小限のコンパクトな間取りです。

下田の家

自宅の裏山から伐り出した桧でつくった『地産地消』の家。
もちろん手刻み、土壁仕様です。
家族3世帯がそれぞれのこだわりを出し合い、家族が明るく豊かに生活できる家になりました。
LDKには薪ストーブを据え、ストーブの炎を眺めながらの団らん風景が目に浮かびます。

日吉の家

国産材、手刻み、土壁の基本仕様の家です。
無垢材をふんだんに使用し、温かみのある仕上がりとなりました。
家族の集まるLDKは約30帖の大空間で、薪ストーブで温めます。
薪ストーブの熱は、効率よく2階へ回るように設計してあります。
奥行きが6間(約11m)と深いため、中心部にライトコートを設け家中に太陽の明りが届きます。
外壁はシンプルな真壁シックイ仕上げで、経年変化による木材とのコントラストを楽しめます。ほんのり『むくり屋根』です。

中盛東の家

自宅近くの持山から、立木の状態で使う材を選定し秋に伐採しゆっくりと天然乾燥させました。
規格材では難しい長尺材も、少ない労力で使用でき、まさに『地産地消』の利点を最大限に生かした家づくりと言えます。
中2階(つし2階)造りで、夏は涼しく、冬は薪ストーブで暖房します。
ご先祖様にも感謝できる『想いを繋ぐ家』になったのではないでしょうか。「この柱はおじいちゃんが伐ったんだよ」
「この梁はおじいちゃんのおじいちゃんが植えた木だよ」
なんて話が聞こえてきそうです。

九之坪の家

小さな平屋にお施主様のこだわりが凝縮された『木組みの家』
金物の強度に頼らず、伝統的な木組み土壁工法でつくりました。
小屋裏までのさらし天井。屋根は2重断熱屋根の仕様で、名古屋の中ですが、自然の風を取り込み四季を感じる家になったと思います。


大平の家

無垢の杉板をたっぷり使い、やさしく温かい木の家です。
もちろん手刻み、土壁でつくられています。
2階ベランダから見える絶景は四季折々の風景に変化し、まるで大きな絵画を見ているようです。
料理好きな奥さんの希望で、薪ストーブはピキャン製です。
自然素材に囲まれながら、焼きたてパンを食べる。
きっとおいしいでしょうね。

後口の家

車庫を併設し間口13.5間の大きな家です。
手刻み土壁仕様で、せがい付になっています。
元建具職人のおじいさんがこだわった建具は圧巻。
上棟には大勢のご近所さんが餅拾いに集まりました。

岩村の家

高齢のお施主様が、ゆったり生活できるようにつくった木組みの家です。
土足で生活する1階には井戸と薪ストーブがあります。
就寝以外の生活はすべて1階でできる動線計画です。
自然と調和した土壁、無垢板の仕様で心も体もますます健康で長生きして下さいね。



手がけさせていただいた 新築家屋の一部を紹介します。

古民家再生、改造

伊賀の古民家

伊賀に建つ古民家を再生しました。
広い土間から一段上がると、囲炉裏があります。
炭火で魚でも焼きながら呑むお酒はきっと格別でしょうね。
古くても頑丈でどっしりとした骨組みはそのままに、現在の生活スタイルを取り入れた古民家再生。
20年〜30年で壊してしまう現在の家は、いくら頑張っても『エコ』ではありません。
世代が変わっても住み続けられる家が一番地球にやさしいのです。

     

門、塀、車庫等

数寄屋門

総桧で造った数寄屋門です。
家の品格が大きく変わりました。
防犯設備も万全です。

石積み上の木塀

桧の土台、柱に赤身の杉板を貼った木塀です。
腐らないアルミ製が多く出回っていますが、年を経るごとに味わい深くなる木製には、味があります。
屋根は2重の銅板葺きです。

車庫

門兼用の車庫です。
収納付 総桧造り

石臼台

石臼の台です。

バナースペース

各務工務店

〒505-0422
岐阜県加茂郡八百津町久田見1734

TEL 0574-45-1240
FAX 0574-45-1258
E-Mail hi※kakamukoumuten.jp※→@